多汗症の基礎知識

多汗症といえば、その字の通り、「多く汗をかく症状」と思われていますが、実はそれほど単純な症状ではありません。汗は体温調節には欠かせない、人間にとってとても大切な機能ですし、気温が上がったり運動をすれば汗を多くかくことも当然です。ではどのような症状を多汗症と呼び、どの場所に症状が出やすいのでしょうか?

多汗症の基礎知識一覧

多汗症とは
多汗症とは、さまざまな原因により2つある汗腺(エクリン腺・アポクリン腺)のうち、エクリン腺から分泌される汗が必要以上にでる症状・病気、または体質のことで、全身的に起こる場合を全身性多汗症、手のひらや足の裏、わきの下など特定の部位にだけ起こる場合を局所性多汗症といいます。
多汗症の症状が出やすい部位
多汗症は、全身性多汗症と局所性多汗症に分けられますが、多くの場合が局所性多汗症で、原因である汗腺(エクリン腺)は体中に広く分布していますが、症状が出やすい場所は、手のひら・足の裏・わきの下・顔(額)・頭などに集中しています。
全身性多汗症
2種類ある多汗症のうち、何らかの原因によって、手のひらや足の裏だけでなく、いつもはあまりかかない腹・胸・お尻・太ももなどの全身的に汗が出やすくなる多汗症を全身性多汗症といいます。
局所性多汗症
2種類ある多汗症のうち、何らかの原因によって手のひらやわきの下、足の裏など、特定の部分にのみ汗が出やすくなる多汗症を局所性多汗症といい、多くの場合、多汗症といえばこの局所性多汗症のことを指しています。

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 多汗症の治療法・手術法. All rights reserved

多汗症手術と多汗症対策!TOP 多汗症の基礎知識