多汗症治療(手術)

多汗症を治療する方法は1つではなく、いくつかの方法がありますが、いずれの方法にも必ずメリットとデメリットがありますので、自分がどれほどの効果を得たいのか?どれほどのデメリットなら納得できるのかをよく考え、自分に合った方法を選ぶ必要があります。また多汗症を治療するには大きく分けて手術をする方法と、手術によらない方法があり、多汗症を改善・解消、または完治するには手術しかないと思っている方が多いのでが、手術をして取り除いたものは元に戻りませんので、手術はあくまでも最後の手段です。多汗症は命に関わる病気ではないのですから、あせっても仕方ありません。1つのクリニックだけでカウンセリングを受けて決めるのではなく、複数のクリニックでカウンセリングを受けたり、信頼できる医師に相談し、本当に手術が必要なのか?手術するしか改善させる方法はないのかを慎重に考えましょう。

多汗症治療(手術)一覧

自然塩浴&冷水浴び
自然塩浴&冷水浴びで多汗症が治った!その方法を紹介しています。
ボトックス注入(注射)
多汗症治療として効果的といわれているボトックス注射(ボトックス注入)とは、筋肉や神経の伝達をブロックするボツリヌス菌(医薬品)という薬を使用して、交感神経をブロックし、汗腺(アポクリン腺・エクリン腺)の働きを一時的に抑える多汗症治療法です。
交感神経切除手術
多汗症手術、特に手のひらの多汗症治療として多く行われているのが交感神経切除手術(腔鏡下胸部交感神経切除術・交感神経遮断手術・ETS)です。多汗症の大きな原因は自律神経のうち交感神経が優位になったためだと考えられていますので、その交感神経を取り除いて多汗症を完治させようという手術法です。
超音波治療法
多汗症治療だけでなく、ワキガ手術としても近年多く行われるようになってきたのが超音波治療法です。超音波治療法は超音波により、わきの下の汗腺(アポクリン腺・エクリン腺)・皮脂腺を破砕・除去するので、わきの下の多汗症が気になる方には効果的な手術法だといわれています。
星状神経節ブロック療法
星状神経節ブロック療法の副作用と治療法について。星状神経節ブロック療法とは、局所麻酔薬で自律神経のうち交感神経を一時的にブロックする多汗症治療です。星状神経節ブロック療法は多汗症治療だけでなく、アレルギー症状、頸椎椎間板ヘルニア、慢性関節リウマチ、顔面神経麻痺、片頭痛などの上半身の痛みを伴う治療法としてよく知られています。
イオントフォレーシス療法
イオントフォレーシス療法(イオン浸透療法)とは、多汗症の部位を水道水に浸し、そこに弱い電流を流し(電気分解)、汗腺(エクリン腺・アポクリン腺)からの汗の生成を抑制する多汗症治療です。
塩化アルミニウム
塩化アルミニウムは医療用ではなく元々は実験用として製造されていたため、医師の処方がなければ手に入りませんでしたが、近年では制汗作用があるとして、一般の薬局でも購入できるようになり、制汗剤にも配合されるようになっています。
精神療法
多汗症は、精神的(ストレス・緊張・不安)な問題がもっとも大きいといわれていますので、精神療法が効果的な場合があります。

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 多汗症の治療法・手術法. All rights reserved

多汗症手術と多汗症対策!TOP 多汗症治療(手術)