ボトックス注入(注射)


多汗症治療として効果的といわれているボトックス注射(ボトックス注入)とは、筋肉や神経の伝達をブロックするボツリヌス菌(医薬品)という薬を使用して、交感神経をブロックし、汗腺(アポクリン腺エクリン腺)の働きを一時的に抑える多汗症治療法です。


ボトックス注入は、汗腺の働きを一時的に抑えるので、多汗症だけでなく、わきが治療としても行われています。


 ボトックス注入(ボトックス注射)の治療法



わきの下の数箇所にボトックスを注入する

手術時間は約10~20分程度


 ボトックス注入(ボトックス注射)のメリット


ボトックス注入の治療法とメリット
手術ではないので手軽に出来る

治療痕がほとんど残らない

治療時間が短い

手術中、術後の痛みがほとんどない


ボトックス注入は自律神経のうち、交感神経のブロックをすることにより、多汗症の大きな原因といわれている精神性発汗には非常に効果的だといわれています。


 ボトックス注入(ボトックス注射)のデメリット



効果には個人差があるボトックス注射のデメリット

効果持続期間は数ヶ月~長くても1年

多汗症が完治するわけではない


ボトックス注入は汗腺を取り除くわけではなく、汗腺の活動を一時的に抑えるだけですので、多汗症にしろワキガにしろ完治するわけではありません。


また効果には個人差もあり、効果は長くても1年ほどだといわれています(ワキガよりも多汗症により効果的だとされています)。


 ボトックス注入(ボトックス注射)を行っている方



手術に不安がある方

一時的に汗の分泌量を抑えたい方(結婚式などのイベントなど)


ボトックス注入(注射)は、筋緊張生萎縮や顔面痙攣などの治療のほか、美容外科ではシワ取りなどにも使用され、またボツリヌス菌は、アメリカでは日本の厚生労働省にあたる、世界でもっとも厳しいといわれているFDA(米国食品医薬品局)にも認可されていますので、安全性は認められています。


スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 多汗症の治療法・手術法. All rights reserved