交感神経


交感神経とは、2つある自律神経のうちの1つで、いわゆるアドレナリンという物質を放出し、主に起床時から活動をはじめ、緊張・興奮状態の時に活発になり、人間が精力的に活動する働きを助けます。

多汗症はこの交感神経が優位になったために起こる症状・病気だと考えられています。


 交感神経の働き



血管を収縮させる
交感神経は起床時から活動を始める
呼吸数を増加させる

心拍数を上げる

血圧を上昇させる

消化機能を抑制する

排泄機能を抑制する


交感神経は以上のように、主に体を活動的にする働きがありますが、交感神経が優位になりすぎるとさまざまな症状として現れてきます。


 交感神経が優位になる原因



緊張、ストレス、不安交感神経が優位になる大きな原因はストレス

病気、疾患

睡眠不足(不規則な生活)

環境の変化

不規則な食生活


交感神経が優位になる大きな原因は、精神的な問題精神的(ストレス・緊張・不安)だといわれています。


 交感神経が優位になると



活性酸素の増加
交感神経が優位になりすぎると息切れや動悸といった症状が起こる
多汗症・唾液分泌を抑制

息切れ・呼吸困難・イライラ(心拍数の増加)

動悸・胸苦しさ・冷え性・のぼせ

頭痛・めまい・立ちくらみ・耳鳴り・不眠

肩こり・首こり・筋肉痛・腰痛・頭痛・手足の震え


交感神経が優位になると以上のような症状が出始めます。


スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 多汗症の治療法・手術法. All rights reserved