副交感神経


副交感神経は睡眠時などのリラックスした時に働く副交感神経とは、主に睡眠時や食事中、お風呂に入っているときなどのリラックスしているときに働く、2つある自律神経のうちの1つです。


多汗症の人でも、この副交感神経が優位になっているときには症状が治まることが多いのは、副交感神経が汗腺(アポクリン腺エクリン腺)の分泌を抑制する働きがあるからです。


 副交感神経の働き



血管を拡張させる

心拍数を下げる入浴時などのリラックスした時も副交感神経が働く

呼吸数を減らす

血圧を下げる

唾液の分泌を促す

消化を促進する

排泄を促す


副交感神経は睡眠時や食事中など、心身共にリラックスしているときに働きます。


 副交感神経が優位になると



むかつき・吐き気・胃もたれ・食欲不振・便秘・下痢

無気力・集中力低下

アレルギー症状


自律神経のバランスが崩れ、自律神経失調症になるのは交感神経が優位になったために起こる症状だと思われることが多いのですが、副交感神経が優位になりすぎても以上のような症状が出てしまうのです。


スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 多汗症の治療法・手術法. All rights reserved