味覚性発汗


味覚性発汗とは、辛いものを食べたり飲んだ時などに発汗神経が刺激されたためにエクリン腺から汗が分泌されることで、これは誰にでも起こる普通のことですが、この味覚性発汗が過剰な場合を特に味覚性多汗症と呼ぶこともあります。


辛いものを食べたときに汗をかくのは普通またこの味覚性発汗は個人差が大きく、さらに頻繁に辛いものなどを食べていると、辛さになれてしまって、多少の辛さでは発汗しなくなるといったことも起こります。


さらに温度の低い場所よりも、温度の高い所でこの味覚性発汗は起こりやすいようで、いわゆる熱いものを食べたときに発汗されるのは体温調節のための発汗ですので、温熱性発汗とされています。


 味覚性発汗が出やすい食品



辛いもの全般

酸味のある食品

肉類


味覚性発汗は多くの場合、辛いものを食べたときに起こる症状ですが、人によってはある特定の食べ物を食べたときに発汗が促されることもあります。


また、「この食べ物を食べると汗が出る」と思ってしまうと、今度は緊張・不安といった精神性発汗が加わり、より発汗が促されることになります。


 味覚性発汗が出やすい場所



味覚性発汗は鼻や額に出やすい




味覚性発汗が出やすい場所は主に顔の額と鼻周辺で、手のひらにかくことはほとんどありません。


スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 多汗症の治療法・手術法. All rights reserved