温熱性発汗


温熱性発汗とは、気温の上昇などで体温が上がるのを防ぐ、いわゆる体温調節のためにエクリン腺から汗が分泌されることで、生命維持には欠かせないとても大切な機能、生理現象です。


気温の上昇などで体温が上がると温熱性発汗が起こる汗腺は自律神経によりコントロールされ、その自律神経をコントロールしている脳の視床下部が体温を約37℃に保つようにと指令を出していますので、体温がこれ以上、上がりそうになると汗を分泌させて体温を調整し、逆にこの自律神経の働きが低下し、温熱性発汗が行われないと、熱中症(熱射病、日射病)などになってしまうのです。


またこの温熱性発汗が過剰だからといって多汗症とはいいません。


 温熱性発汗が起こる場面



気温の上昇運動などで体温が上がると温熱性発汗が起こる

運動などでの体温上昇

食事をしたとき(熱いもの・たんぱく質(肉類)・糖類)


温熱性発汗は気温の上昇、運動以外に、食事をしたときにも起こります。特に熱いものや肉類を食べると体温が上昇し、発汗が促されます。


また、食事中に発汗する人は食べたものがすぐにエネルギーとして燃えているので、太りにくいといわれています。


 温熱性発汗が起こる場所



体全体


温熱性発汗はとても大切な機能ですので、体全体の汗腺(エクリン腺)どこからも汗が出やすくなりますが、手のひらや足の裏は比較的、発汗されません。


スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 多汗症の治療法・手術法. All rights reserved