食生活の改善


多汗症は、精神的(ストレス・緊張・不安)な問題だけでなく、食事をしたときに過剰に発汗する場合もありますので、食生活の改善である程度予防することができることもあります。


 食生活を改善し多汗症対策



辛いもの、香辛料の過剰摂取を控える辛いものの過剰摂取は控える

動物性脂肪の多い肉類の過剰摂取を控える

暑いからと冷たいものばかりを摂らない

食事を楽しむ


辛いものを食べると汗が出るのは誰にでも起こる現象なのですが(味覚性発汗)、それが過剰な場合が多汗症(味覚性多汗症)の可能性があるのです。


また肉類は体熱を上昇させますので汗をかきやすくなりますし、エクリン腺からの汗だけでなく皮脂腺から皮脂の分泌も促し、ニオイまでも発生しやすくなるので、体臭が気になる方、ワキガが気になる方は注意が必要です。


食事は楽しむ!さらに「この食べ物を食べると汗をかく」と思い込んだり、辛いものを食べるときに「汗をかいたらどうしよう」と思うと、今度はそれが緊張・不安となり、精神性発汗へと繋がり、より発汗が促されますので気をつけましょう。


辛いものや肉類を食べれば汗をかきやすくなるのは当然なのですから、汗のことなど気にせず、食事を楽しむことが大切なのです。


スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 多汗症の治療法・手術法. All rights reserved