エクリン腺


人間の汗腺には2種類あり、私たちが普段汗をかいたといっているのはエクリン腺から分泌された汗のことをいっています。


エクリン腺は産まれたときから口唇やまぶたを除くほとんどの皮膚組織に分布し、体温調整などの重要な働きをしている、生命維持には欠かせない汗腺です。


また多汗症の原因となる汗は、多くの場合このエクリン腺から分泌される汗で、暑かったり、辛いものを食べてもいないのに、何らかの原因によってこのエクリン腺から多量の汗が分泌してしまうのです。


 エクリン腺の働き



体温調整生命活動には欠かせない体温調節機能

皮膚の乾燥防止

腎臓機能の補助作用


エクリン腺から分泌される汗は、生命維持に欠かせない体温調整に重要な役割を果たしています。


また皮脂腺から分泌される皮脂と、このエクリン腺から分泌される汗が混ざり合い、皮膚の乾燥を防止し、皮膚の潤いを保ってもいるのです。


 エクリン腺の多い場所



手のひらに多いエクリン腺エクリン腺は口唇やまぶた、外耳道を除く全身に広く分布し、特に手のひらや足の裏、額にこのエクリン腺は集中し、これらの部位が汗をかきやすい場所です。


しかしエクリン腺がある場所すべてが活動しているわけではなく、実際に活動しているエクリン腺は全体の約半分程度とされています。


またエクリン腺の数は産まれたときにすでに決まっていますので、赤ちゃんと大人でも同じ数のエクリン腺があり、子供が汗をかきやすいのは体の面積に比べ圧倒的にエクリン腺の数が多いからなのです。


 エクリン腺から分泌される汗の成分



99%が水

残り1%は、塩分・尿素・アンモニア・ミネラル(カルシウム)


エクリン腺から分泌される汗は、アポクリン腺から分泌される汗と違い99%が水なので、無色透明で粘り気もありません。


 エクリン腺の働きが活発になり汗が分泌されるとき



気温や運動などでの体温上昇(温熱性発汗

緊張など大脳への刺激(精神性発汗

辛い物を食べたとき(味覚性発汗


夏には1日3リットルもの汗がエクリン腺から分泌されるエクリン腺から分泌される汗は、健康な人であれば1日に1.5~2リットル、夏の暑い時期や梅雨時などの高温多湿な日であれば、1日に3リットルもの汗をかくといわれています。


また大人よりも子供のほうが汗をかきやすく、もっとも汗をかく場所は足の裏だといわれています。


 エクリン腺から分泌される汗とニオイの関係



エクリン腺から分泌される汗は99%が水なので、このエクリン腺から分泌された汗自体が臭うことはほとんどないのですが、かいた汗をそのままにしておくと、細菌などに分解されたときにニオイが発生するのです。


特に足の裏などは汗をかきやすいうえに、靴や靴下などで常に高温多湿な状態で、蒸れやすく、細菌が繁殖しやすいので、細菌に分解されやすく、ニオイが発生しやすいのです。


スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 多汗症の治療法・手術法. All rights reserved