ホルモンバランスの崩れ


女性はホルモンバランスの影響を受けやすい
ホルモンバランスの崩れが原因で多汗症になっている場合もあります。



ホルモンの分泌をコントロールしている脳の視床下部は、自律神経をコントロールしている器官でもあるので、ホルモンバランスが崩れると自律神経のバランスも崩れ、体温調節機能が低下し、多汗症となってしまうのです。


特に生理・妊娠・更年期など、ホルモンバランスの影響を受けやすい女性にこのタイプの多汗症は多いようです。


スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 多汗症の治療法・手術法. All rights reserved