多汗症は病気なの?


多汗症は病気なのです多汗症は直接命に関わるわけではありませんし、痛みを伴ったり、痒みを伴ったりするわけでもありませんので、単なる症状と思われていますが、厚生労働省から認定され、社会保険(健康保険・厚生年金保険)の適用のある病気なのです。


また、汗は誰でもかく生理的現象ですので、どこまでが正常な汗で、どこからが多汗症なのかの判断は難しいのも確かなのですが、いまだに多汗症のことを把握していない医師もいるため、診察を受けても「気にしすぎでは」とか「気の持ちよう」といわれてしまうこともあるのが現状です。


しかし多汗症は1人で悩んでいるだけでは改善されないばかりか、より悪化することもありますので、診察を受けて、医師に相談することはとても大切なのです。


スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 多汗症の治療法・手術法. All rights reserved