多汗症の症状が出やすい部位


多汗症は手のひらにもっとも症状が出やすい多汗症は、全身性多汗症局所性多汗症に分けられますが、多くの場合が局所性多汗症で、原因である汗腺(エクリン腺)は体中に広く分布していますが、症状が出やすい場所は、手のひら・足の裏・わきの下・顔(額)・頭などに集中しています。


 多汗症(精神性発汗)の症状が出やすい場所



足の裏と手のひらは同時に汗をかきやすい

顔(額)

わきの下(腋窩多汗症)

手のひら(手掌多汗症)

足の裏(足蹠多汗症)


この中でも特に多いのが手のひらの多汗症です。


また手のひらは足の裏と連動していることが多く、手のひらに汗をかいているときは、足の裏に汗をかいていることも多いのです。


また個人差がありますが、もっとも気になるのは隠すのが難しい“顔”だといわれています。


スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 多汗症の治療法・手術法. All rights reserved

多汗症治療と多汗症対策!TOP 多汗症の基礎知識 多汗症の症状が出やすい部位