全身性多汗症


2種類ある多汗症のうち、何らかの原因によって、手のひらや足の裏だけでなく、いつもはあまりかかない腹・胸・お尻・太ももなどの全身的に汗が出やすくなる多汗症を全身性多汗症といいます。


 全身性多汗症の主な原因



病気や疾患(急性リュウマチ・結核・バセドー氏病・生殖器障害)

体力低下(寝汗)

更年期

遺伝(体質)


体力の低下によって多汗症の症状が出ることも全身性多汗症の原因は不明な場合も多いのですが、基本的には病気や疾患が原因で起こることが多いようです。


ある時期から急に全身的に汗が出やすくなった場合には、早めに専門医の診察を受け、何らかの病気や疾患が隠れていないかを診てもらいましょう。


原因疾患が合った場合、それを取り除くことで全身性多汗症が改善、または解消されることがほとんどです。


また外気の気温の上昇による発汗(温熱性発汗)は全身的に起こりますが、これは体温が上昇するのを防ぐために起こる生理的な発汗ですので全身性多汗症ではありません。


スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 多汗症の治療法・手術法. All rights reserved