皮脂腺


すべての毛穴に存在する皮脂腺皮脂腺(ひしせん)とはその名の通り、皮脂を出す腺のことで、人間の体広くに分布し、毛穴という毛穴には必ずあるものです。


この皮脂腺から分泌される皮脂によって、人間の肌は潤いを保ち、肌を保護しているのですが、この皮脂には脂肪酸など、酸化するとニオイの原因となる物質が含まれているため、過剰に分泌されると体臭の原因となってしまうのです。


 皮脂腺の発達している場所



皮脂腺はTゾーンに発達している

おでこ



耳(耳の後ろ)



背中

陰部


皮脂腺は毛が生えている場所には必ず存在するのですが、頭・Tゾーン(おでこ・鼻)・胸・背中などが特に発達し、皮脂が活発に分泌されます。


 皮脂腺の働き


髪の毛の潤いを保っているのは皮脂のおかげ
肌や髪の毛の乾燥を防ぎ潤いを保つ

空気中の細菌や外敵から肌を保護する

有害金属(ベリリウム・カドミウム・水銀・鉛・砒素)の排泄を促す


皮脂腺は以上のように大切な働きをしているのですが、この働きが活発になりすぎると、皮脂が過剰に分泌し、毛穴を詰まらせニキビや吹き出物ができたり、皮脂が酸化しニオイ、体臭がきつくなったりすることもあるのです。


 皮脂腺が活発になる原因



思春期

動物性脂肪の多い欧米化した肉類中心の食生活

ストレス欧米化した食生活は皮脂腺の働きを活発にさせる

不規則な生活習慣(睡眠不足)

夏、梅雨時などの高温多湿時

肌の水分不足


皮脂腺は思春期以降に活発になり始め、またストレスを感じたり、肉類中心の食事をするとより活発になり、皮脂が分泌されるようになります。


この中でも特にストレスを感じたときや、動物性脂肪の多い肉類を食べたときにに分泌される皮脂がニオイの原因となるといわれています。


 皮脂腺から分泌される皮脂の成分



皮脂腺から分泌される皮脂にはロウやスクワレンの他、トリグリセライドなどの脂肪酸(中性脂肪)が多く含まれています。


 皮脂腺の働きが活発になって起こる症状



ニキビや吹き出物などができやすくなる

体のニオイ、体臭がきつくなる


 皮脂腺の働きを抑える栄養素(食品)



・ビタミンC皮脂腺の働きを抑制するビタミンC
・ビタミンE
・ポリフェノール
・白金ナノコロイド
・コエンザイムQ10
・αリポ酸(アルファリポ酸)


皮脂腺が活発になり、皮脂が過剰に分泌されると皮脂が酸化し、体臭の原因となってしまいますので、以上のような酸化を防ぐといわれている、抗酸化作用のある栄養素を摂ると良いとされています。


サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2018 多汗症の治療法・手術法. All rights reserved