アポクリン腺


人間の汗腺は2種類あり、その1つがわきがの原因となる汗を出すといわれているアポクリン腺です。


アポクリン腺から分泌される汗にはニオイの原因となる物質を含んでいるため、細菌に分解されたときにニオイが発生しやすく、さらに独特のニオイとなってしまうのです。


 アポクリン腺の働き



思春期以降に活発になるアポクリン腺アポクリン腺は思春期以降に働きが活発になり、いわゆるフェロモンのように異性をひきつけるニオイを出す働きがあります。


動物によってはこのアポクリン腺から分泌される汗が異性をひきつけたり、仲間の確認をするなど、とても重要な働きがあるのですが、現代人、特にニオイに敏感な日本人にとってはこのニオイが嫌われる傾向にあり、手術などでこのアポクリン腺を切除するなど、必要のないもの、余計なものと思われています。


 アポクリン腺の多い場所



わきの下わきの下に多いアポクリン腺

陰部(性器の周囲)

肛門

乳首(乳輪)

耳の中(耳の後ろ)


アポクリン腺は体の中でも特定の部位にしか存在せず、体の中でアポクリン腺がもっとも多いのはわきの下で、わきが体質の人はこのアポクリン腺の数が普通の人よりも多いといわれています。


またこのアポクリン腺の腺体は、わきの下では肉眼で十分見えるほど大きく発達しています。


 アポクリン腺から分泌される汗がわきがの原因



アポクリン腺から分泌される汗はエクリン腺から分泌される汗に比べ、乳白色で粘り気があり、さまざまな有機物を含んでいるので、肌を守っている細菌などによって分解されたときに独特なニオイが発生するのです。


特にわきの下はアポクリン腺の数が多く、細菌が繁殖しやすい環境ですので、汗が分解されやすく、ニオイが発生しやすいのです。


 アポクリン腺から分泌される汗の成分



・脂肪(脂肪酸)
・たんぱく質肉類中心の食生活を送っているとアポクリン腺からも脂肪酸が分泌される
・糖質
・鉄分
・色素
・蛍光物質
・尿素
・アンモニア


本来、脂肪酸(中性脂肪)などは皮脂腺から分泌される物質なのですが、動物性脂肪の多い肉類中心の食生活をしていると、アポクリン腺からも分泌されるようになり、よりわきがや体臭のニオイの原因となってしまうのです。


 アポクリン腺と性別・人種



アポクリン腺の数は女性よりも男性のほうが多く、日本人よりも黒人や白人などの欧米人にこのアポクリン腺の数は多いといわれています。


ですので、日本人よりも圧倒的に欧米人にわきが体質の人は多いといわれています。


サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2018 多汗症の治療法・手術法. All rights reserved