食生活(食事)


食生活(食事)が原因で多汗症になっている場合もあります。病気や疾患、症状は多かれ少なかれ食生活が関わっていることが多いからです。


しかし熱いものを食べたときに汗をかくのは温熱性発汗、辛いものを食べたときにかく汗は味覚性発汗で、ともに誰でもかく汗なので正常ですが、これらが過剰、特に味覚性発汗が過剰な場合は味覚性多汗症と呼ばれることもあります。


 多汗症になりやすい食生活(食品)



動物性脂肪の多い肉類中心の欧米化した食生活辛いものや香辛料の過剰摂取は注意

アルコールの過剰摂取

辛いもの香辛料の多い食品の食べすぎ

カフェイン(コーヒー)の過剰摂取


また味覚性多汗症は食べ物だけが原因でなく、実は精神的(ストレス・緊張・不安)な問題が原因になっていることも多いのです。


辛いものなどを食べると「汗をかいたらどうしよう」「汗を止めなければ」と思ってしまい、これが不安や緊張となり、精神性発汗も促すことになりますので注意が必要です。


繰り返しますが熱いものや辛いものを食べれば汗をかくのは当然ですし、これらの食べ物を食べないこともできません。


「汗をかいたらどうしよう」ではなく、「汗をかくのは当然だ」「汗をおもいっきりかいてやろう」と思えるようになれば、過剰に汗をかくことはなくなるでしょう。


サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2018 多汗症の治療法・手術法. All rights reserved