汗とニオイについて


多汗症の人に限らず、汗をかくとニオイが発生しやすくなります。


しかし汗自体が臭うのではなく、さまざまな要因が重なりニオイが発生するのです。


 汗は細菌類に分解されて臭う



汗自体にニオイはないエクリン腺から分泌される汗にしろ、アポクリン腺から分泌される汗にしろ、汗自体が臭うことはほとんどありません。


分泌された汗が肌表面の常在菌や雑菌に分解されたときにニオイが発生するのです。


ですので、細菌類に分解される前に洗い流したり、拭き取ればニオイが発生することはありません。


また汗の分泌量が増加するほど空気中のホコリなどが肌に付着し、雑菌が増殖しやすくなりますので注意しましょう。


 皮脂は酸化されてニオイが発生する



汗腺とは逆に皮脂腺から分泌される皮脂は、体内で酸化したり、分泌されて酸化するなど、それ自体がニオイの元となりやすいのが特徴です。


 ワキガと汗臭さの違い



汗臭さは、いわゆるエクリン腺から分泌された汗が細菌に分解されたために発生するニオイで、ニオイの強さに個人差はありますが、誰にでも発生する可能性のあるニオイです。


一方、わきがはアポクリン腺から分泌された汗が細菌に分解されたときに発生するニオイのことですので、わきがと汗臭さの違いは分泌される汗腺が違うのです。


またワキガはアポクリン腺から分泌された汗だけが原因ではなく、アポクリン腺から分泌された汗がエクリン腺から分泌された汗に拡散されたり、皮脂腺から分泌された皮脂と混ざり合った結果、よりニオイが強くなってしまうのです。


サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2018 多汗症の治療法・手術法. All rights reserved