タバコ・コーヒー


たばこに含まれているニコチンが原因で多汗症になっていることも
タバコ(ニコチン)・コーヒー(カフェイン)多汗症の原因になっている場合もあります。


たばこに含まれているニコチンや、コーヒー・お茶などに含まれているカフェインには、自律神経のうち汗腺の働きを活発にし、交感神経を刺激する“中枢神経興奮剤”という物質が含まれていますので、これらを過剰摂取すると汗が出やすくなる場合があるのです。


コーヒーに含まれているカフェインが原因で多汗症になっていることもまた薬にも中枢神経興奮剤が含有されているものもありますので、もし服用している薬があれば医師や薬剤師に聞いてみましょう。


サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2018 多汗症の治療法・手術法. All rights reserved